<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子供に感謝する


a0121889_19581497.jpg
以前母からもらった和製マトリューシカ。明るい未来を見据えてます、的な眼差しが眩しい。


昨夜、久しぶりに従姉妹から電話がきた。
私の一つ年下で
高校生と中学生2子の母である彼女。
老舗の造り酒屋に嫁いで
18年?くらいになるだろうか。

メールのやり取りはあっても
電話で話したのは何ヶ月ぶりだろう。

お互い「酒屋」の同業者。
消費増税後、人々の財布の紐は
“贅沢品”には緩まない傾向が強くなり、
じわじわと売上げに影響が出てきている現状。
頑張っただけの見返りが実感出来ず
これからどうなっちゃうのか、と不安になるよね、
などと頷き合いながら話が進んだ。

「子供だけは、違うよね。いいよね。」
彼女が唐突に言った。

日々の大変さがどうであれ
大人が悶々としていようがいまいが、
子供はおかまいなし。
その成長は目に見えて
とにかく前向きで
生き生き生きてる。

映画の“たそがれ清兵衛”だったかに
「子供の成長を見ることは
 実に楽しいことでがんす・・・」
みたいな台詞があったね、そういえば、
などとボンヤリ思い出して
不覚にも涙が出そうになった。

彼女は子供に、ちゃんと感謝してる。
忙しくたって
心の余裕があるんだ。

小さい頃は姉妹のように
くっついて遊んだ彼女。
昨夜の電話の年下の従姉妹は、
私よりずっと年長者のように
今思い出すべきことを
教えてくれた。
[PR]

by wine-mura | 2014-09-19 20:41 | 子供

夏時間


a0121889_2374666.jpg


前回書いたように
娘の胃腸炎で幕を開けた
今年のバカンス。
子供の病気は
どこへでもついてくるのだ。

とはいえこちら、
フランスの8月、
よる8時過ぎの写真。

暗くならない、ぜんっぜん。
ちょうど日本の夕方くらい?
の感じでしょうか。

こういう雰囲気がやはり
非日常観を盛り上げるのだと思う。

こんだけ夏が夜まで明るく、
夏と冬のメリハリがあれば
あちらの「夏時間」と「冬時間」の
存在意義にも納得がゆく。

夕飯が20時過ぎから始まることも
ごく普通。

時の流れが
ゆ〜ったり。

これこそ年に1度の
最高の贅沢
だと思う。
[PR]

by wine-mura | 2014-09-16 22:54 | フランス滞在記

2014年フランス滞在記  その1


今年のフランス滞在、
8月6日に出発して
8月22日に帰国した。

出発日の日本(羽田)の気温は38℃。
飛行機の乗り換えで立ち寄ったパリ、
シャルル・ド・ゴール空港は
20℃に満たない涼しさで、
すっかり夏の格好をしていた私達は
ブルブル震え上がった。

寒さに耐えて
国内便をまつこと約4時間、
ようやく乗り換えてボルドーへ。
そこから車で更に2時間。

ついに夫の実家に到着!

ところが
着いた翌日、
娘が一晩中、嘔吐を繰り返した。

この
娘のお腹の風邪から始まった
今年のフランス滞在。
後半は、夫のカラダの不調が続き
おまけに外気温は、
毎日、20℃そこそこの涼しさ。

こんなこともあるもんだ、
とは思っても
今年の「バカンス」は
それ「らしくない」ものとなった。

追って
「それでもバカンス!」お話、
アップしていきます。
[PR]

by wine-mura | 2014-09-03 21:39 | フランス滞在記