お義母さんのフォアグラ

a0121889_2330206.jpg


フランスに来るたびに楽しみなのが
お義母さんの作るフォアグラ。
フォアグラ・ミ・キュイと言って
直訳すると「中くらいに火をいれたフォアグラ」。
要するにフォアグラのテリーヌなのだけど
缶詰などで売っているのは通常
中までしっかり火が通ったもの。
自家製のこのテリーヌは
缶詰ほど日持ちしないけど
フォアグラの柔らかさや旨味が格段に違う。

上の写真が焼く前、
下の写真が焼いたあと。

新鮮で良質のフォアグラが手に入ったら
常温に戻して中を開き
神経を取り除く。
塩胡椒をしっかりしたら
アルマニャックをふりかけて
冷蔵庫で一晩寝かせる。

翌日、オーブンにいれて湯煎で焼くこと50分。
フォアグラの中から脂がじっくりと外に出て
テリーヌの出来上がり。
脂を取り除き
薄くスライスしてパンにのせて食べる。
胡椒や山椒を少しふりかけると
味がしまって更に美味しい。

脂は冷凍庫に保存しておいて
ジャガイモのソテーなどに使う。
フォアグラ風味のジャガイモのソテー。
これもかなり、美味。

a0121889_23302142.jpg

[PR]

by wine-mura | 2012-08-19 23:14 | フランス滞在記

<< フランスで考えたこと 外気温38度! >>