カテゴリ:子供( 86 )

最後のランドセル姿

a0121889_23160932.jpg


先日、娘が小学校を卒業した。
写真はランドセル姿最後の朝。
ランドセルに支配されてた背中が、
この6年で
ぎゅーっと上に伸びた。

1年生がそろそろ終わるという頃、
あの震災。
友達が避難のため転校し、
運動会が屋内になり、
休み時間には外で遊べなくなった。
親は食べるものに神経質になり、
登下校にはマスク。

そんなこんなを
どんな気持ちで生きたのか、
ホントのところはわからない。

ひとつ分かるのは、
私たち親である大人が、
子供達にどんなに救われたか、
ということ。
深刻な状況でも
彼らは笑って、泣いて、バカをして、
いつもと変わらなかった。

楽しく小学校生活を送ってくれたこと、
元気に卒業してくれたこと、
私たちの光であってくれたこと、
娘に
感謝している。





[PR]

by wine-mura | 2016-03-30 23:03 | 子供

梅干しがわかる


今朝、
子供達を学校に送る車の中、
ラジオから「梅干し」の話が。

一通り聞いたあと、
「こういうの聞くとさ、
食べたくなるよね、梅干し」
と、助手席の娘に言うと
「うん」
と、ニヤリ。

そのニヤリ、
やけに大人びた表情。

4月から中学生。

梅干しがわかる
年頃になりました。








[PR]

by wine-mura | 2016-02-17 11:48 | 子供

姉弟愛


a0121889_10253751.jpg
前回の投稿と同じウルトラマン像の前で。ポーズの違いは性格の違いか!?


「は〜っ、やぁっっっっと帰ってくる、明日!」

お姉ちゃんが修学旅行に出発した
翌日の夜、
息子が大きなため息と共に言った。

きのう行ったばっかだよ・・・・
[PR]

by wine-mura | 2015-06-16 10:30 | 子供

娘の修学旅行


a0121889_10391689.jpg
福島空港で。ウルトラマンの模型を前に、ポーズとって!のリクエストに応える娘。


昨日、娘が修学旅行に出発した。
東京方面。
2泊3日。
大人のお仕事が体験出来る「キッザニア」や、
東京ディズニーランド、
国会議事堂、
慶応義塾大学などを
訪問するらしい。

旅行の目的は
「夢、見つけよう!」

ディズニーランドも、ただ遊びに行くのではなく、
“接客ハウツー講座”みたいのを受講してから
遊ぶとのこと。

自分の子供のときを考えたって
私はこのお仕事がしたい!などと
明確は夢はなかった。
その時の気分で
しょっちゅう
なりたいものが変わっていたと思う。

娘に「大人になったら何になりたい?」と
聞くこともあるけど
彼女の答えも毎回バラバラ。

私はそれで構わないと思っている。

色んな経験を通して
いつか
これをするのが好き!を
見つけてくれたら
それで良いと思う。

「おウチから遠い所にひとりでいくのはなぁ〜」
などと、最初のうちこそ言ってたけど、
当日、
ワクワクを隠せない様子で出発した娘。

ほんのり淋しく感じた自分に驚いたけど、
考えてみれば本当の巣立ちだって
そう遠くない将来。

たいへん〜!などと
子育てについて話す時期なんて
ほんの短い間なんだ、と
改めて考えた朝でした。
[PR]

by wine-mura | 2015-06-11 09:16 | 子供

ココだよ


a0121889_11455359.jpg
お姉ちゃんからもらったメガネケース。おもむろにウルトラマンを入れた。日焼けサロン状態。


子供たちを送り出す
バタバタの毎朝。

一昨日の朝のこと。
7時35分、いつものように大声で叫ぶ。
「あめりー、お弁当持ったのぉ?」
家のどこかから娘の「持ったぁ!」の返事。

「とまー!お弁当はぁ?」

返事がない。

さらに大声で
「とまーーー!おべんと持ったのぉぉぉ?」

・・・・・・・・


ハッ!
として斜め右下を見下ろすと、
いるじゃないの・・・・・そこに。

ニヤニヤしながら
「ココだよ」
などとほざいている。


ナイス、息子。
朝から腹を抱えた。
[PR]

by wine-mura | 2015-03-13 11:57 | 子供

“恋バナ” 知ってる?


「@@先生って、スゴく楽しいんだよ。
 女子の恋バナとかも聞いてくれるしぃ」

娘が突然言った。

「ママ、“恋バナ”って、分かる?」

「“恋バナ”!知ってるよ知ってるよ。
 ママだって聞けるよ、それ」

鼻息荒く答えると、
シラケた顔で
娘は宿題を始めた。
[PR]

by wine-mura | 2015-02-06 14:52 | 子供

娘の成長


火曜の夜、
家に戻るなり遊びほうける子供二人。
時刻は既に8時すぎ。
下校後、祖父母宅で
コタツでテレビを満喫してきたのに、
全く宿題に取りかかろうとしない。

何度か「始めた方がいいんじゃない?」を繰り返し、
無視され続け、私は切れた。

「もうママはアレしろコレしろ言いません。
 自分たちで考えてして下さい。
 出来なくても泣きつかないでね。」
そう言ってあとは一切、ほったらかした。

喜んだのは下の子。
しかし11歳の娘は
並々ならぬ狂気を感じ取ったらしく
いきなり宿題に取りかかった。

翌朝も、いつもなら
「ご飯食べなさい。制服早くっ!歯は磨いたの?」
などと言うところを、黙ってやり過ごした。

その夜、家に戻ると娘が「ちょっと話しがある」と言う。
学校でイヤなことでもあったのか、と彼女の部屋に行くと
「あのさ、ママにはちゃんと言ってもらいたいんだよね、
 昨日のことさ、だからさ、ごめんね」などと
告白?調で言うではないか。

今までも堪忍袋の緒が切れて
子供を叱ることはあったけど
こんな風に反省を言葉で表されたのは初めてのこと。
正直、最初状況を掴みきれなかった。

成長したなぁ、としみじみ感激。
娘が本当に大きく見えた
嬉しい出来事でした。
[PR]

by wine-mura | 2015-01-16 15:39 | 子供

オレンジジュースの効用


毎朝なかなか目が覚めず
起きるのに一苦労の息子。

今朝学校に出かける前の
姉弟の会話。
姉10歳がどうやら弟6歳に
アドバイスしてるらしい。

「朝起きたら、まず
 オレンジジュースを飲むんだよっ。
 そしたら目が
 パッ と覚めるんだから」

そういえば
前の日遅くても
彼女の寝起きは
以外に良いほう。

毎朝やたら
オレンジジュースを飲む娘。

「糖分取り過ぎ!
 2杯まで!」などと
うるさく注意していたが
これが彼女の秘訣だったとは・・・・
[PR]

by wine-mura | 2014-11-17 21:24 | 子供

日めくりカレンダー


a0121889_21243276.jpg


今年の始めに
実家の母からもらった日めくりカレンダー。

1階の洗面所に置いてあって
毎日めくるのは私の役目だった。
別にそれが苦痛でもなかったので
家族の誰かに「めくってね」 と、
頼んだ事もなかった。

瞬く間に日は経ち
今年ももう11月。
3〜4日前から
あれ?
カレンダーの日が
ひとりで代わっている。

誰の仕業か、はじめは
黙って観察してみた。

どうも息子の態度が怪しい。
用もないのに洗面所に行って
少し時間が経つと
戻ってくる。

「カレンダー、めくってるのトマ?」

聞くと、驚いたようなカオで
「うん」と答えた。

いつもふざけてばかりの息子だが
あのおどけた態度を一変させ
大真面目に
神妙な顔つきで
カレンダーをめくる姿を思い描いた。

何が彼をそうさせたのか、
どうして、日めくりしてみよう、と
ほぼ一年経つ頃になって
考えたのか。

毎日異なる植物の絵が出てくる
このカレンダー。
私にとって
それをめくるのは
一つの楽しみ。

6歳児にとってそれが
どんな意味を持つのか、
本人に聞いても
きっと
上手く説明出来ないだろう。


こういう類の
日々の何気ない繰り返しに
自分から気付いた彼を、
私はただ、
とても愛しく感じた。
[PR]

by wine-mura | 2014-11-05 21:51 | 子供

娘、宿泊体験に出発


a0121889_21324195.jpg


娘が今朝、
2泊3日の宿泊体験学習(学宿 というらしい)
に出かけた。

行きたいような、
行きたくないような・・・
などと、先週までは
グズグズ言ってたけれど、
昨晩は「う〜っ!楽しみぃ‼︎」
と、かなりコーフン。
眠れないんじゃ… と
心配になるくらいだった。

今朝、
お天気はイマイチだったけど
ほっそい身体に
でっかいリュックを背負って
元気に出発。

娘の出かけたあと
冷蔵庫を見ると
コレが。

「イェイー」 だの
「楽しみ〜」だの
「ひゃっほー」だのが、
この頃、そういう年頃なのか
むっすりしていることが多くなった娘に反して(?)
彼女の気持ちを生々しく表現。

思わすニヤリとしてしまった・・・

かわいいね、まだまだ。
[PR]

by wine-mura | 2014-10-21 21:36 | 子供