カテゴリ:試飲会( 3 )

フォアグラのテリーヌの食べ方は?


a0121889_12354559.jpg


先月の試飲会で出したフォアグラのテリーヌ。

恥ずかしながら私、
フランスに行くまでは
フォアグラのテリーヌの食べ方を
良く知らなかった。
ナイフで切って
そのまま食べると思っていた。

しかし、どうやらフランス人は
テリーヌをパンにのっけて食べるらしい、
と、あちらのレストランで
周りを観察していて気がついた。

マネしてやってみたら
すんごく美味しいじゃないの!
それからはダンゼン、
フォアグラが好きになった。

試飲会ではこのテリーヌに
 いちじくのジャム
 粉山椒
 ゲランドの粗塩
 粗挽き黒胡椒
 タマネギのコンフィ
をつけ合わせた。
それぞれフォアグラと一緒に
パンにのっけて食べてもらったところ
粉山椒が一番人気だった。

ワインはアルザスの白を2種。
遅摘みのブドウでつくる甘口ワイン
ヴェンダンジュ・タルディブ と
華やかでスパイシーな香りが特徴の
ゲヴェルツトラミネール。
甘口白をフォアグラに合わせるのは
定番だけど、改めて美味しいな、と思った。
ゲヴェルツトラミネールもスパイシーさが
それぞれのつけ合わせた調味料と合って
かなり良い感じだった。

お客さんの中には
今までフォアグラのテリーヌは苦手だった
という方が数名いたけど
この食べ方はシンプルながら驚きの美味しさ!
と、私がその昔感じたことを
そのまま言って下さった人もいて
鼻高々の嬉しい試飲会だった。


フォアグラ・オ・トーション 

生のフォアグラの神経を取り除き、塩こしょうで味付けて、ラップで棒状にきつく巻く。
その上からトーションで更に巻いて、沸騰したたっぷりのお湯に入れて、再度ブクッと湧いたら火を止め、そのまま冷ます。
冷めたらトーションを外して新しいものに変え、冷蔵庫で寝かす。
4-5日くらい経ってからが美味しくなります。
[PR]

by wine-mura | 2012-10-06 15:34 | 試飲会

ガレット・デ・ロワ


a0121889_22402752.jpg


お正月にフランス人が必ず食べるお菓子、ガレット・デ・ロワ。
折りパイ生地の中にアーモンンドクリームが入っていて、
どこかに「フェーブ」と呼ばれる陶製のちっちゃなお人形が入っている。

家族や友人が集まってこのお菓子を切り分けた時、
フェーブが入っている一切れが当たった人がその日の王様になれる。

この王様はフェーブが当たったお祝いとして、
もう一つガレットを買って来たり、ワインを提供したりする。
お祝いっていうか、お礼っていうか、あんまり得する役回りではないけど、
それでも当たるとフランス人は、大人でも子供のように喜ぶ。

今年一年も寛大な自分であれますように、ってとこなのかな、要するに。
と深く追求してはいけない。
楽しい行事は、それがあるだけでいいのだ。
[PR]

by wine-mura | 2011-01-22 22:41 | 試飲会

3月の試飲会


a0121889_2226387.jpg
    3月の試飲会のメイン料理 春の香りの麓山高原豚ロースト 


毎年、3月の試飲会は参加者が少ない。
年度末だし、職場の送迎会なんかもたくさんあるし、当然、皆さん夜も忙しくなる。

先週の金曜日にあったうちの会社“JPM“の試飲会。参加者は9人だった。

試飲会を始めたばかりの、今から8年ほど前は、3−4人くらいのほんとに小規模の試飲会で、ワインに合わせる食べ物もチーズとパンとか、簡単なものだけだった。
でも会を重ねるにつれ、ワインの美味しさを本当に感じてもらうには、それぞれのワインに合わせる料理が絶対必要!と、前菜、メイン、デザートまで準備するようになり、お客さんの数もだんだん増えて、今では、試飲室に入りきれる最大人数の30人のお客さんが集まることも、年に何度かはあるくらいになった。

よく続けてきたな、と、思う。

ワインが、以前よりは気軽に消費されるようになったとはいえ、やはり、日本人にはまだまだよくわからない飲み物。説明を聞いて、飲んでみて、食べ物と合わせてみて、ようやくワインって美味しいとか、ワインって楽しいな、と感じる事が出来るはず。

色んな種類を一度に家で開けて、飲み比べたりは普通出来ないから、毎月そういう事をやってみようと始めたJPMの試飲会。
食べ物と合わせるって、難しそうだな、と思っている人が多いので、ではそういう事もやってみようと、続けてきた試飲会。

色んな職業の、色んな年代のお客さんがいて、異業種同士の老若男女が、ワインが好き、という理由だけで、試飲会で知り合って、楽しくおしゃべりをしているのを見るのは、とても気持ちよい。
やってて良かったな、と思える瞬間。

先週の試飲会には、常連のお客さん5人と、今回が2度目のお客さん2人と、今回が初めてのお客さん2人が参加した。

「テーブルひとつにみんな一緒に座るなんて、なんだか懐かしいね」と常連さん。
「だれかのお家にお呼ばれしたみたいで、居心地よいですね」と初めてのお客さん。

いつもはお料理を出したり、ワインを注いで回ったりで、駆け回っている夫と私も、今回はお客さんと一緒に座っていろんなおしゃべりをした。

私たちの会社はこんな風にありたいと、改めて感じた試飲会。

毎年3月の試飲会は参加者が少ない。初心に返って翌年への一歩を踏み出す、とても意味深い試飲会。

※ 写真のお料理のレシピは、数日中にアップ予定です。




ブログランキングに参加しています!
このレシピが気に入った方は是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ




美味しい料理と組合せができるワインはこちらにあります



J.P.M. ジェイ・ピー・エム

ワインショップ
試飲会&料理教室
グルメイヴェント 
フランスワインの専門輸入元


963-8051福島県郡山市富久山町八山田字追越28-1
TEL. 024-922-5957 FAX. 024-922-5958
E-mail: jpm@circus.ocn.ne.jp
ブログ:ノワロー屋の食卓
ネットショップ : ワイン村.com

[PR]

by wine-mura | 2010-03-29 23:19 | 試飲会