リヨン風サラダ(サラダ・リヨネーズ)

a0121889_1271393.jpg


先月の料理教室で作ったサラダ。

フランスには
地方ごとに特色あるサラダが存在する。
こちらは美食の街リヨンらしい
肉類なども豊富に入った
ボリュームたっぷりの1品。

ラズベリービネガーは
日本では知名度が低いけれど
使ってみるとファンになる人
たくさんいます。

サラダのドレッシングから
今回のように肉類を炒めて
最後の仕上げにひとかけすると
さっぱり感と複雑な旨味がプラスされて
うーん、これは一体!?
な美味しさに。

どうぞお試し下さい。



Salade Lyonnaise
リヨン風サラダ(サラダ・リヨネーズ)

材料 4人分
鶏レバー 200g
チョリソor生ハムorベーコン 100g(5mm角の棒状に切る)
玉ねぎ 1/2個(縦半分に切って薄切り)
ラズベリービネガー 40ml(なければ赤ワインビネガー)
ポーチドエッグ 4個
  水 3カップ
  酢 1/4カップ
田舎パンまたはバゲット(厚さ1cmのスライス) 8枚
サラダ 適量
トマト 2個(くし型に切る)
塩 コショウ
黒粒コショウ(仕上げ用)

1 スライスしたバゲットにオリーブオイルを塗り
 200℃のオーブンでカリカリにトーストする。
 鍋に分量の水とお酢を湧かし、
 ふつふつくらいの状態の所に割った卵をそっと落とし、
 4分くらい茹でてポーチドエッグを作る。

2 鶏レバーは筋や血管を除き、ザクザクと大きめに切り塩コショウ。
 オイルをひいたフライパンで手早くソテーする(強火)。

3 別のフライパンでチョリソと玉ねぎをソテーする。
 玉ねぎが香ばしく色づいたら2のレバーを加え、
 ヴィネガーを振りかけて旨みをこそげとるように炒める。
 塩コショウで味を調える。

4 皿にサラダを敷き、上に3を盛りつけ、
 1とポーチドエッグ、トマトを盛り合わせる。
 全体に黒粒コショウをたっぷりと挽く。
[PR]

by wine-mura | 2013-06-04 12:16 | 料理教室

<< ニース風サラダ お客さんと子供たち >>