フランス料理?クスクス


a0121889_2218497.jpg


クスクスはフランス料理ではないけど
フランスの家庭で良く食べる。

もとは北アフリカで生まれた料理で、
スムールと呼ばれる(日本ではクスクスという名前で売られてます)
パスタの原料と同じセモリナ粉で出来た
ツブツブを蒸したものに、
野菜を煮たソースをかけて
グリルしたお肉と食べる。

その昔、フランスの植民地として
支配されたこの土地のこの料理は、
フランス人に持ち帰られ
今ではしっかりフランスの地に根付いている。

これからどんどん出てくる夏野菜を
たっぷり食べられる一品。
ポイントはコリアンダー。
これが入ると
いきなりエキゾチックな味わいになります。

材料 4人分
・なす(あればズッキーニ) 4本
・コリアンダー 一束
・にんじん 中3本
・たまねぎ 中2個
・セロリ 1本
・ひよこ豆 1缶
・鶏手羽 4本
・トマト水煮
・クスクス 1箱
・ラムチョップ
・メルゲーズ(チョリソーソーセージ)

1野菜の準備。にんじんは皮をむいて半分に切ってからさらに縦に半分に。
2たまねぎは半分に切ってからふつうに縦切り。
3コリアンダーはみじん切りに。
4セロリはざくざくでOK。
5なす(ズッキーニ)は半分に切ってからさらに縦に半分に
6鍋にオリーブオイルを入れ、鶏肉の周りを焼き付ける。
 たまねぎを加えてきつね色になるまで炒める。パプリカ、コリアンダーを加え、火を通す。
7にんじん、セロリ、なすを加え、水をヒタヒタ、塩小さじ2杯を加え煮込む。
8沸騰したらあくをとり、塩コショウして味を整える。トマトを加える。
9にんじんにほどよく火が通ったら、ひよこ豆をくわえてさらに煮込む。
10ソースはこれで終了。
 クスクスは箱の作り方に従って作る。
 基本的にカップ1杯のクスクスに1杯のお湯を加え、ふたをして10分くらい蒸す。
 ラムとソーセージはグリルで焼いておく。
11クスクスにソースをかけてお肉をのせ、ハリサと呼ばれる唐辛子ペーストを混ぜて食べる。
[PR]

by wine-mura | 2012-06-16 22:33 | 料理教室

<< 男子高校生と三日月 玄関脇のハチの巣 >>